系統

茨城県が開発したオリジナル品種

高温耐性に優れた「ふさおとめ」と,粒の大きな「ひたち20号」から生まれた早生品種で,「コシヒカリ」より7~10日程度収穫期を早く迎えます。高温耐性と耐冷性に優れ,気候変化に左右されにくいのが特徴です。収量が安定しているうえ,品質の高さにも定評があります。

画像の説明

コシヒカリより7~10日早く早熟し,収穫されます。

ふくまるの系統

ふくまるの系統

生産者代表より

関東の食卓を支える、強いお米ができました。

[ 生産者代表 井土 正義 ]

茨城の気候に合わせて育成されたふくまる。高温耐性と耐冷性に優れ、気候の変化にも左右されにくく品質がよく、収量が安定しています。つまり、ふくまるのおいしさを、毎年楽しむ事ができるのです。大粒で、美味しいふくまるを作るため、土作りにこだわり、細心の注意を払って栽培しています。これからの新しい時代を作る品種だと自信を持ってお届けします。

井上正義さん

生産者登録制度

食味の良い「ふくまる」を安定的にお届けするため、生産者登録制度を導入し、きめ細やかな技術情報を農家に提供するなど、生産管理を徹底しています。

ふくまる生産者登録制度について

県オリジナル水稲品種「ふくまる」を栽培するには,「生産者登録制度」に加入する必要があります。
 〇ふくまる生産者登録制実施要領(PDF:71KB)
 〇具体的な加入の方法と提出が必要な書類について(PDF:805KB)
 〇【様式第1号】ふくまる生産にかかる誓約書様式(ワード:35KB)
 〇【様式第2号】ふくまる登録内容等変更届出様式(ワード:30KB)
 〇【様式第3号】生産ほ場様式(ワード:56KB)
 〇【様式第4号】栽培管理記録簿様式(ワード:57KB)
 〇【様式第5号】作付・出荷計画書様式(エクセル:32KB)
 〇【様式第6号】出荷実績書様式(エクセル:33KB)