日本食と四季

日本食と四季 - 日本食と四季

日本食、すなわち和食には長い歴史があります。日本古来の縄文時代から繋がっているものでもあります。和食の特徴とはなんでしょうか。それを考える前に日本の気候からまず考えていきましょう。 日本には四季があります。これは世界中のどこにでもあるというわけではなく、一年を通して季節が全く変わらないという国もある中、日本では時期によって季節がはっきりと分かれています。そんな日本の中で生まれた和食は、このことを上手く利用しています。  和食と四季 四季によって、栽培されるものも変わってくるために、季節によって使える食材が異なります。そのため、一年中同じものを食べるというのはあまり賢くありません。こうした背景から、季節によって様々な料理を作るのが和食というわけです。彩りの良さも世界からの評価の対象となっており、普段は意識しませんが、世界的に人気があるのです。

和食のイベント

和食のイベント - 和食のイベント

和食は季節によって味を変えるようなジャンルの料理です。その季節に合った多くの食材を楽しむことができるというわけです。そんな和食を何倍も楽しめるようなイベントが開催されます。今回はそれについて紹介していきます。 料亭などで開かれるイベント 料亭で開かれるこうしたイベントは、普段以上に和食を楽しむことができます。こうしたイベントが開催されている場合には、普段食べることができない食材を食べることが出来たりします。値段も安く食べられることがあるので、普段こういったお店に行かないという人にもお勧めできるタイミングでもあります。 家で料理を楽しむこともできます。お弁当を用意してくれている場合もあり、こうしたお弁当を購入すれば、家でリラックスしながら和食を楽しむことができるのです。

日本料理の歴史

日本料理の歴史 - 日本料理の歴史

日本の料理には長い歴史があります。時代をさかのぼって多くのことを考えてみると、今にも残っている文化や、日本食について多くのことを知ることができます。 縄文時代の発明 縄文時代の名前の由来でもある縄文式土器は、日本の食文化の大きな基盤となっているものでもあります。日本食では煮たり茹でたりすることが多くありますが、これは縄文式土器の発明からきている物でもあります。 この土器は非常に底が深いものでした。この土器を使うことによって、縄文時代に生きていた人たちは、食材を煮たりすることができるようになったのです。それが時代と共にさらに発展していったことで、今の時代に繋がってくるというわけです。 和食では貝が使われることが多いですが、これもこの縄文時代からのものです。貝塚というものがあるほどに、貝をたくさん食べていたのです。